「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
  屋外で人と十分な距離(すくなくとも2m以上)を確保できる場合は、マスクを外し熱中症のリスクを回避しましょう。 マスクをしながら 、強い負荷の作業や運動は避け ましょう 。 のどの渇きがなくてもこ…
新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社の対応について
新型コロナウイルス感染拡大の情勢下、弊社と致しまして、お取引先企業の皆様、契約産業医及び関係各位、並びに弊社従業員の安全と健康の確保を第一に考え、会社としての社会的責任を果たすために、政府の方針や通…
早めが肝心 熱中症対策
 熱中症は真夏にだけ起こるものと思いがち。しかし、例年、梅雨入り前の5月頃から増え始めるため油断は禁物です。体が熱さに慣れていないと熱中症になりやすいので、本格的に暑くなる前から対策を始めましょう。 …
新型コロナウイルスの検査方法
 新型コロナウイルスの検査方法として、厚生労働省が「抗原検査」の検査キットを承認しました。簡易な検査が登場したことによって、検査や診療の迅速化が期待されています。 また、緊急事態宣言解除後に、人の移動…
エアロゾル感染(マイクロ飛沫感染)に注意を
3密状態がエアロゾル感染を助長している可能性が指摘されています 厚生労働省より、感染経路としてはっきり認められてはいませんが、クラスター(小規模な集団感染発生)の大きな原因とも言われはじめたのが、エ…
知っておきたい大人の発達障害
 近年、仕事や人間関係がうまくいかず、「もしかして発達障害では…」と医療機関を受診する大人が増えているといわれています。発達障害のある人、発達障害が疑われる人、周囲の人は、発達障害の特性を正しく理解し…
果物アレルギーと花粉症の意外な関係
特定の果物を食べて、唇や口の中などがかゆくなったり、痛くなったりしたことはありませんか? それはもしかしたら、食物アレルギーの一種「口腔アレルギー症候群」かもしれません。 果物を食べると口の中がか…
望まない受動喫煙防止対策 職場喫煙室で缶コーヒー飲用はNGです。
休憩時間(喫煙許可時間)などに、職場喫煙室にいかれる方は、缶コーヒーも一緒に部屋の中で楽しみたいと思われることが多いようです。今回、厚生労働省から示されたガイドラインの説明では、不可になっていますの…
従業員50人未満の事業場には顧問医を!
従業員50人未満の事業場では、産業医の選任は法令で定められているわけではありません。しかし、健康経営には、定期健康診断とともにその適切な事後措置、メンタルヘルス対策の実施は重要です。そのため、50人未満…
産業医のプロが教えます!産業医を紹介してもらうベストな方法
産業医をお探しの企業様へ。なかなかいい産業医が見つからない。実際にどのような方法で産業医を紹介してもらえばいいのか分からない。企業様にとってベストマッチの産業医に出会うことは、健康経営を進める観点か…
もっと見る