過重労働面接(長時間労働者に対する医師による面接指導)とは?

厚生労働省のデータによると、国内における労働時間は年々下降傾向にあります。従業員が30人以上の企業における1か月の労働時間は平成2年時点で171時間でしたが、令和2年では140.4時間と、この数十年で約30時間も短くなっ […]

職場における労働衛生基準の変更点を紹介

従業員の働きやすさを決める要因はいくつかある中で、最も基本的で事業者側が気を配らなければならないのが職場環境です。 もちろん、どのような職場環境が適切かどうかは、「職場における労働衛生基準(事務所衛生基準規則+労働安全衛 […]

産業保健におけるDXとは?まずは健康管理システムの導入を

2020年初頭からの新型コロナウイルス感染症の拡大は、社会のありかたや働き方を激変させました。 非接触やソーシャル・ディスタンスという新たな常識や、リモートワークを筆頭とした新しい働き方はすでに定着しつつあります。 産業 […]

医師意見書(産業医意見書)の役割とは?診断書との違い

医師意見書とは、病気や怪我、これらに付随する症状などについて医学的観点に基づいて医師の意見を記載した書類です。 もともと医師意見書は、障害者自立支援法に基づき障害者が適切な障害福祉サービスを受けるため必要な「障害程度区分 […]

産業医面談による休職命令について判例とともに解説

企業は従業員を雇う以上、一人ひとりの安全と健康に配慮する義務があります。 仮に従業員が私生活で病気やケガを患ったとしても、企業の安全配慮義務は果たされなければなりません。 これに関連して、多くの企業には「休職制度」が存在 […]