ワーカーズドクターズにより、多くの企業様が順調な健康経営を進められています。その導入事例の一部をご紹介します。

  • 【CASE 1】
    多くの事業場をかかえながら、選任されている産業医は全社共通の一人。
    従業員の健康管理をきちんと行いたい。

    事業場オフィス
    依頼内容

    本社を始め、地域内の50人以上いる多数の事業場で産業医は共通の一人。そのため、会社全体の十分な健康管理を行うのは難しい状況である。適切な人数の産業医を選任して、各事業場で職場巡視や安全衛生委員会、健康診断後の事後措置など、充実した産業保健を行いたい。

    ワーカーズドクターズの取り組み
    たくさんある事業場に別々の産業医を置く方法では、費用が膨大な額になってしまいます。そこで、1日で1人の産業医が複数の事業場を訪問できるように、ワーカーズドクターズが運用プランをご提案しました。今回は、地理的に近い数ヵ所を効率よく巡回できるルートを作成し、事業場間の移動は企業のご担当者様に社有車でお送りいただく事で移動時間のロスを最低限に抑えることができました。その結果、職場巡視と安全衛生委員会への参加、産業医による衛生講話など、充実した産業医業務が実施できるようになりました。 経験豊富なワーカーズドクターズが作成した巡視マニュアルにより、業種独自のチェックポイントを事前に産業医に伝え、効率的に実施しています。

  • 【CASE 2】
    メンタル面接に強い産業医を紹介してほしい。
    面接までのプロセスや書式の準備など詳しく知りたい。

    産業医面接
    依頼内容

    職場復帰面接や高ストレス者面接など、メンタル面接の機会が増えてきている。面接の対応に不慣れなため、メンタル面接に詳しい産業医を紹介してほしい。また、面接に必要な書式の準備や手順なども詳しく教えてもらいたい。

    ワーカーズドクターズの取り組み
    メンタル面接の経験が豊富な産業医をご紹介しました。 メンタル面接と一口に言っても、休職、職場復帰、業務継続の可否、高ストレス者面接など、さまざまなケースがあり、目的や状況によってご用意いただく書類が異なります。面接の対応が不慣れなご担当者には、経緯をヒアリングし、面接対象者や企業様に事前にご用意いただく必要情報のピックアップを行い、ワーカーズドクターズが事前準備のお手伝いをいたします。さらに、担当産業医への情報共有、日程調整などもワーカーズドクターズがサポートして面接が行われますので、安心してお任せいただいております。

  • 【CASE 3】
    産業医業務を充実させるため、産業医の交代を希望。
    健康診断の事後措置にも対応してもらいたい。

    健康診断結果
    依頼内容

    近所の診療所の医師に産業医をお願いしていたが、多忙を理由に十分な産業医業務の時間を割いてもらえず、健康診断結果の就業判定も断られてしまい困っている。充実した健康経営を行うために産業医を交代したい。

    ワーカーズドクターズの取り組み
    まずは、企業様の産業保健活動のボリュームを把握し、産業医の業務がきちんと実施されるように適切な時間での運用プランのご提案をいたしました。月に1回の産業医の訪問により、職場巡視、安全衛生委員会への参加、産業医による衛生講話が実施されるようになりました。健康診断結果後の事後措置についても、ワーカーズドクターズのサポートにより、産業医の意見聴取、特に対応が必要な方のピックアップ、さらには産業医による保健指導面接の設定のお手伝いも行っています。

  • 【CASE 4】
    多数の支店を統括する小売業の本部。 支店ごとの産業医との業務調整をはじめ、
    2カ月に1度の職場巡視を可能にする、条件整備のサポートを頼みたい。

    小売店バックヤード
    依頼内容

    多数の支店を統括しているが、支店ごとに別々に選任されていた産業医の日程調整など、煩雑な業務を行っていたため負担を小さくしたい。また、「職場巡視の頻度を2カ月に1回に縮小する事ができると聞いたが、どのようにしたら良いのか教えてほしい」とのご相談。

    ワーカーズドクターズの取り組み
    各支店をエリアごとに3~4店舗ずつグループに分け、そのグループごとに1人ずつ産業医を配置。産業医が一日で、エリア内の複数店舗を巡回する方法をご提案し、産業医体制をコンパクト化することができました。 多数の産業医の日程調整や巡視後の報告のとりまとめなどもワーカーズドクターズが行う事で、本部のご担当者の業務負担の軽減も可能になりました。 また、法令遵守のもと、職場巡視が2カ月に1回で可能になるように、産業医への定期報告スキームのご提案など必要な条件をクリアするお手伝いも行いました。

  • 【CASE 5】
    産業医の選任をされていない50名未満の事業場にも
    本社と同等の健康管理体制を整えたい。

    依頼内容

    本社には産業医がいるものの、本社以外の各事業場は50名未満のため産業医の選任をしていない。各事業場の従業員にも本社と同等の健康管理を行うため、医師を紹介してほしい。

    ワーカーズドクターズの取り組み
    産業医に準じた業務を提供する「顧問医」の設置をご提案しました。50名未満の事業場は産業医の選任は義務づけられてはいないものの、健康診断の事後措置や、メンタルヘルス対策など、従業員の健康管理を進めるためには、産業医に準じた業務を行う医師が必要になります。 ワーカーズドクターズでは、50名未満の事業場には、「顧問医」という方法で、健康診断後の事後措置や職場復帰面接など必要な際にすぐにご対応できる医師をご紹介しています。

  • 株式会社ワーカーズドクターズ

    産業医のご用命はワーカーズドクターズへ
    企業様のニーズにしっかりお応えできるワーカーズドクターズ
    お問合せはこちらへ

    産業医のご紹介の流れや、当社の特徴については
    こちらの記事「産業医を紹介してもらうベストな方法【プロが教えます】」をご覧ください。