季節性インフルエンザワクチン接種時期協力のお願い(厚生労働省より)

2020年09月14日

2020年9月11日、厚生労働省より、新型コロナウイルス感染症と同時流行に備え、季節性インフルエンザワクチン接種に関する発表がありました。10月1日より順次接種が可能になります。以下の優先順位を設け、ワクチンの接種を待っていただくよう協力が求められています。

<原則として>

1.10月1日から25日まで(※)

定期接種の対象となっている65歳以上の高齢者を優先とし、任意接種となっているそれ以外の希望者は、10月26日まで接種を待ってもらうよう協力が求められています。この間、60~64歳で心臓や呼吸器の機能に障害がある人も対象になります。
(※)自治体によってはワクチンの接種開始時期が異なり得ますのでご注意ください。

2.10月26日以降

任意接種の対象者が接種できるようになりますが、とくに医療従事者や持病がある人、妊婦、子ども(生後6カ月~小学2年生)で希望する人に早めに接種してほしいと呼びかけています。

厚労省によると、今冬のワクチンの供給量は、約6300万人分になる見込みとされています。


インフルエンザ接種時期

(画像クリックで拡大表示)